FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お二人さまダムライド <後編>

昼食というわけではありませんが、
とりあえずハンガーノック予防のための補給を済ませたら、
いよいよ今回のターゲット・ダムカードを目指します

そのまま県道11号を北上
ここまで南風がややアゲンストで体力を奪ってくれましたが、
しばらくは追い風でライドを後押ししてくれます

にしても、今回のコースは上ったり下ったりが交互にやってきます
丘陵地帯と言ったらよいのか、7%くらいでちょっと上ったら、
また7%くらいでちょっと下る。
それの繰り返しって感じで、下りは歓迎ですが、
またすぐ上るくらいなら下らなくていいから!
この上り下りにやられて、脚の各所が交互にピキピキ
左ふくらはぎ→右ふくらはぎ→左ふくらはぎ→右ふくらはぎ→左腿→右腿 って具合

時折、不規則に道と道が合流し、その度に道を間違えそうになります。
いつもなら確実に道を間違えてるはずですが、今回は心強いヤマケイさんがいます
すかさずヤマケイさんがスマホの地図アプリで確認
的確にナビゲートしてくれて安心、安心

左手には滋賀県と三重県を分け隔てる山並みが間近に迫っています。
道路も上り勾配で、ヤマケイさんとのペースの差はどんどん開いていきます

愛用のツーリングマップルには目的地は一切載っていません
事前の下調べで、おおよその位置に手書きで書き込んであるだけの
心もとない地図を頭の中で思い浮かべながら、
まだか、まだか〜と念じつつ鈍足ヒルクライムを続けていると、
ようやくそれらしき姿が目に飛び込んできました

SN3O1042.jpg

ついに来ました〜!今回のターゲット『菰野調整池』

大原ダム同様、こちらも鳥の声以外には何も聞こえない平穏さ

写真を撮ってる間に、先を行ってるヤマケイさんは
対岸(写真右端)の用水管理所に着いてることでしょう

写真撮るために停まってMTBを降りると、すかさず脚が攣りそうになります
筋肉を伸ばそうとすると、別の場所がまた攣りそうになる

人が見てたらなんと情けない姿だったことでしょう。。。


ようやく用水管理所の前に辿り着きました〜

SN3O1045.jpg SN3O1044.jpg

立派な姿の用水管理所の入口付近にあるインターフォンを
ヤマケイさんが「ピンポ〜ン」

返事が返ってくるかと待ち構えていたら、
建物の上の方の窓が開いて、職員さんが顔を出しました。

「ダムカードいただけますか?」

で、いただいたのがコレ

SN3O1059.jpg

ここ菰野調整池は、中里ダム&その北に隣接する打上調整池(←岐阜県!)と
計3枚のダムカードがゲットできるボーナスダム(貯水池)なんです

ここまで頑張って来た甲斐があった〜!とヤマケイさんと二人で上機嫌

ま、あくまでも、ダムカードはそのダムまで行って貰うというのが原則なんですけど、
コース的に先にゲットさせていただきました(フライングゲット)

さてと、今回の大目標を達成したら、本格的にお腹が空いてきました
が、あまりランチを摂れそうな店もなさそう。。。
こりゃ店を見つけたら選り好みせず入らなきゃ、昼食食べそびれるかも

ということで、中里ダム&打上調整池のある北方面を目指しR306を走ります
食堂を見つけるも「準備中」 時間は14時半をまわってますもんね。。。
ようやくコンビニを発見したので、イートインで済ませることに

んが、近くで春祭りか何かをやっているらしく、既におにぎりや弁当は売り切れ〜
パンはありましたが、今は米が食いたい〜
仕方ないので、鮭フレークの載ったばら寿司&バナナを購入。
ボトルのスポーツドリンクも飲み干したので補充。

ランチをお腹の中におさめて、暖かい室内にいてると眠気が。。。
しばらくまったりしてたら時間はもう15時半

中里ダムまではまだ20kmほどありそう。。。
ダムカードのルール的には寄りたいけど、時間的に厳しそう

背に腹は代えられないと、今回はグッと堪えて
中里ダム&打上調整池を訪れるのは断念

石榑トンネルを抜けて永源寺方面から滋賀入りすることに
以前、走行会で石榑峠を上ったのは2009年。
この時はまだトンネルは開通してませんでしたが、
2011年から通れるようになってたんですね

とはいえ、それも決して楽ではない感じです

SN3O1046.jpg

「石榑」の交差点。
この道(西向き)をまっすぐ進むと石榑峠(三重側)の石榑トンネルへ。

トンネルが開通して、通行止め区間はもちろん、
てっぺん付近の険しい峠道はずいぶんとショートカットされているでしょうけど、
それでもトンネル入口まではやはり急な上り勾配のはず
(もちろん私のツーリングマップルには載ってません

私が先行して、後に師匠がついて走りますが、
脚全体が攣りかけてしまった私は既にダメージ大
スピードもろくに出ず、師匠は私のスピードに合わせて走ってくれてるだけですorz

それも、次第に勾配が急になってくると、
速度も6km/h台と本当にもう歩いてる方が速いくらいになってきました
師匠には、とりあえずトンネルまで、ということで先に行ってもらい
私は攣りそうな脚をだましだまし鈍足ヒルクライム

う~~~、脚は完全にSold Out

どこまでこの坂は続くんだ~!?
トンネル、どうせ掘るならもっと低いところで掘ってくれればいいのにィ
なんて無茶なクレームをつけながらえっちらおっちら

おぉ、やっとトンネル見えてきました

SN3O1047.jpg

さて、ヤマケイさんはどこ?って探してみるも、見当たらず

こりゃきっとトンネルの先まで行ってるな

と判断して、私もライトを装着して先を急ぐことに


それにしても、このトンネル、4,157m!? な、長〜っ!



トンネルの中は意外と照明が明るく、サイコンの数値も確認できます


SN3O1051.jpg

一応、一段高くなった歩道ゾーンは設けてありますが、

自転車で走るには狭くてかえって危険

交通量も少ないので車道を走ります



トンネルに入っても、勾配は依然として上り

スピードも出ずえっちらおっちらとオレンジ色の世界を進みます

SN3O1049.jpg

ようやくトンネルの中間地点。

非常口を示す照明灯が「←2,080m  2,080m→」

と写真を撮ってるとちょうどメールが

(お〜!電波 通じてるんだ〜なんて妙に感心)

「ごめん、永源寺ダム迄先に行ってます。よろしく。」

時間は16:14。今ならまだ永源寺ダムのダムカード間に合うもんね




さて、中間地点まで来たら、あとは下り勾配になるかな〜、

なんて希望的観測を心の拠り所に進んできましたが、

そんな甘い考えを一蹴するかのごとく、どこまでも上り勾配

当然、ペースも変わらずえっちら

おっちら

ようやく出口が見えてきました。

SN3O1052.jpg
お〜、久しぶりの地上の光!

SN3O1053.jpg
ようやく滋賀側に出てこれました!





よし!ここからは下りだ!ダウンヒルでタイムロスを挽回〜

永源寺ダムのダムカード、17時までに間に合うか!?



2009年に石榑峠を上った滋賀側のR421も、きれいに整備され直していて、

以前の面影がなく、距離感がわからない

あれ?永源寺ダムまでこんなに距離あったっけ?



走っても走っても、ダムの姿が見えない



時間は刻一刻と過ぎていく



間に合うのか?

永源寺ダムのダムカードは既に持っているので、最悪もらえなくても大丈夫だけど、

せっかくここまで来たのだから、どうせなら欲しいなぁ



おっ 見えた!

SN3O1054.jpg

急げ!急げ!急げ〜っ!



ダム管理事務所の敷地内に入ると、ヤマケイさんがニコニコしながら待ってました



ゴ〜〜〜〜〜ル!



時間は。。。16:59:46!ギリギリセーフ!

SN3O1055.jpg SN3O1056.jpg

自転車を停め、入口のドアを開ける!
ダムカードをもらうには靴を脱いで2階へ上がらなければならない
慌てて靴を脱ごうとすると、あ、脚が。。。つ、攣る〜〜〜ぅ!
ほんとにもう、階段を這いずり登る感じで、ようやく職員さんの前に。

「だ、ダムカードくださいっ

2枚目の永源寺ダムカード、無事ゲット

こうして今回の任務もなんとか完了
あとはデポ地の貴生川まで帰るのみ。
とは言うものの、貴生川までまだけっこう距離があります


さて、永源寺まで来たら、池田牧場の美味しいジェラートは外せないところですが、
17時を過ぎ気温もだいぶ低くなってきて、
今回はちょっとそんな気分でもなくなってきました。

ということで池田牧場はスルーして、
美味しいパンとワインを販売している日登美ベーカリー&ワイナリーへ

日登美ベーカリーのパンはほぼ全種類が試食もできて、
値段もそこそこでとっても美味しい
お腹もすいてきたので、ここでまた補給を
美味しい「にごりワイン」もハーフサイズなんかあったらお土産に買って帰ろかな

SN3O1057.jpg SN3O1058.jpg

んが!中に入ってみると、パンが並べられているはずの棚は既にからっぽ
もう閉店準備に入ってる感じ
ワインも残念ながら720mlの大きな瓶しかなく、
これ以上重い荷物は担げそうにないので断念

結局、何の収穫もなしに先を急ぐことに
あとあと、これが仇になってしまいました

県道189&508で日野町を南下。
しかし、ゴルフ場のあるような土地ですから、当然アップダウンがあります
脚が「売り切れ」の上、日登美ベーカリーでの補給に失敗した結果、
ハンガーノックの兆しが

R307で水口あたりまで来るとコンビニも何軒か目に入ってきたので、
緊急停車でスニッカーズかあんパンでも食べようかと何度も思いましたが、
貴生川までもうあと少しだし、日も暮れて辺りも暗くなってきたし
ここで休憩して時間を費やすより、1分でも早く先を急いだほうがいいか、
と思いとどまって走り続けました

18:36、ヤマケイさんよりメール
「着きました〜」
ちょうど私はR307のR1と立体交差する地点。距離にしてあと5kmくらい。
あと少し!頑張れ、オレ〜〜っ!


ようやくJR貴生川駅に到着〜
でも、着いたのは駅の北側。
車を駐車してある南側へ行くにはどうすれば?
踏切さがして迂回する気力も思考力もありません
一番確実な方法!駅の陸橋を上って南側に渡る。
もうヘロヘロでしたが、どうにか攣ることもなく、最後のCXごっこも終了〜


車に戻って帰り支度をし、撤収〜
輪行で帰る予定だったヤマケイさんも、私の車で一緒に帰ることに。
予定より遅くなっちゃったし、JR草津線は本数も少ないですからね。
帰路は信楽ICから新名神でシュパーッと京都まで。

ヤマケイさん宅到着は20時半過ぎ。
遅くまでお付き合いいただきありがとうございました〜!

私は21時過ぎに無事帰還

帰還後のお風呂&夕食(インディアンカレー)&金麦は最高でした〜

ちなみに、今回のダムライドで1.5kg体重が減りました

IMGP5194.jpg

ダムカードは新規3枚、2巡目1枚。

でも、中里ダム&打上調整池へ行くことは今回断念しましたので、

またの機会までの「宿題」ということで。。。




このレポートを書いている今、既に2日経ってますが筋肉痛はピークです(笑)


【本日の練習】三重・滋賀ダムライド
(貴生川~油日神社~大原ダム~安楽越~県道11&752~菰野調整池~R306~石榑~R421(石榑トンネル)~永源寺ダム~県道508~R307~貴生川)
Tm:5:36'58 Dst:123.64km Av:22.0km/h Mx:58.5km/h Alt:1,634m

スポンサーサイト

お二人さまダムライド <前編>

昨日の日曜日はヤマケイさんと二人でダムライドに行ってきました

当初は年に数回程度しか開かれない走行会の予定で、
奥琵琶湖の海津大崎の桜&奥琵琶湖パークウェイを楽しもう!
という企画だったのですが、
あいにくメンバーの都合が合わず、14日OKなのはヤマケイさんと私の二人だけ。

最近になってダムライドの楽しさに目覚め始めた(?)ヤマケイさんと、
せっかくだからダムカードをゲットしに行こうということで

ダムカードを集め始めたヤマケイさんはともかく、
私は既に、京都から自走でゲットできるダムはおおかた制覇しているので、
今回はある程度の距離を車に自転車を積んで移動し、そこをデポ地として
そこからライドに出掛けることにしました。

ヤマケイさんとは10:00にライド開始できるようデポ地で集合ということに。
私は車で8時すぎに出発、一般道でデポ地へ向かいます
ヤマケイさんは輪行予定

ナビに従って順調に走行、15分くらい早く着きそうと思っていたら、
9:20にケータイのメールが
「着きました〜」
早っ!

15分後、私も到着〜

SN3O1030.jpg

デポ地は滋賀県水口のJR貴生川駅

駅前の市営駐車場(1日500円)に車を留め、ヤマケイさんが待ってる駅前の農協へ。
てっきり輪行だと思ってたら、京都から起伏のある県道16号(大津信楽線)を使って
自走で来たそうです

SN3O1031.jpg SN3O1032.jpg

いつもはMTBのヤマケイさん、今回は新たに加わったロードバイク「牛歩号」で
シルバー&ホワイトでまとめられたボディーが眩しいっス
ただでさえ速いヤマケイさん、ロードに乗ったら“鬼に金棒”

支度を済ませて10:20に出発 まずは県道4号で南東方向に
自走でここまでやって来たヤマケイさんが言うとおり、今日は風がキツい
それでもまだ走り始め&フラットということで
30km/h弱のヤマケイさんのスピードについて行きます

JRの駅で4つ分走ったところ、油日神社で一旦休憩。

SN3O1033.jpg

ナチュラル系の鳥居が素朴な、でも立派な神社です。

SN3O1036.jpg

境内には葉混じりながら、まだ桜の花が咲いてました

SN3O1037.jpg

室町時代後期〜桃山時代建立の重要文化財だそうです。

油日神社を後にして、県道131&129で安楽越を目指します

上り勾配を走っていくと、
私の古いツーリングマップルには名前が乗っていないダム&貯水池が

SN3O1038.jpg
 SN3O1039.jpg

大原ダム。 鳥の声しか聞こえない閑静な佇まい。
貯水池左手の畔には小さな赤鳥居が。
残念ながら、ダムカードはありませんでした。(ってゆーか、ダム管理所もなし)

途中、R1と合流し再び県道を進んでいくと、「安楽越」の道標が。

SN3O1040.jpg

ここまでも7〜10%程度の上り勾配が続いてましたが、
はたしてこの先、本当に「安楽」なのでしょうか。。。

ともかく、ここから先は、滋賀県から三重県へ越境する難所(=峠)の一つです。

はい、今回のターゲットは三重県です。
近畿圏を飛び越え、いよいよ中京エリアへ進出〜!
(実際には一度、三重ダムライドは経験してますけど


今回、ヤマケイさんとのダムライドを計画するにあたって、はじめは
土山デポ→青土ダム→野洲川ダム→武平峠(R477)→三重県
というルートを予定していたのですが、
webで調べてみたら、武平峠が4/20頃まで通行止めらしい
例年の冬期通行止めは4/5で解禁されていましたが、
今年はあいにくと、引き続き工事のため通行止めだとか

石榑峠はかねてより峠から三重方面が通行不可だし、
R1の鈴鹿峠越えも交通量が多くて危険だし。。。
と思案していたら、ヤマケイさんが「安楽越えがあるよ」と。


といった経緯で安楽越を上ります
序盤から10%程度の急坂 ときおり瞬間MAX14%くらいに跳ね上がります
上りの後半は若干勾配も緩みますが、まぁ7%くらいはキープって感じです
勾配がきつくなればなるほど、ヤマケイさんとの差はぐんぐん広がります
序盤、向かい風の平坦路で体力あるうちから調子に乗って
ヤマケイさんのペースについて行こうと張り切ったのがたたったのか、
あるいは今日は調子がイマイチなのか、早くもふくらはぎがピキピキいいだしました
攣りそうになるのをだましだまし、それでも止まらず脚をクルクル

SN3O1041.jpg

ようやく安楽越の鞍部に到着〜 この時点でちょうど正午くらい
ずいぶん先に上りきっていたヤマケイさんは私とは対照的に元気元気!
京都から貴生川までの自走分なんて、ハンデにもなってません

ここから三重方面は急坂のダウンヒル
滋賀側の上りもそうでしたが、先日の春の嵐の影響か、
こちら側も杉の枯れ落枝カーペットや小砂利が
タイヤをとられないよう注意をしながらダウンヒル

三重側は滋賀側に比べてさらに勾配も急な感じ。
おまけに「石水渓」とかいう景勝地やキャンプ場があって人もよく来るようで、
道の脇には車が何台も留められてました。


安楽越を下りきったら、県道11号との合流点、
小学校の前に商店の自販機を見つけたので休憩。
100%オレンジ&グレープフルーツジュースを購入し、
持参の「黒糖かりんとドーナツ」を補給


さ〜て、次はいよいよターゲット攻略です


<後編>に続く

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

サンキュー、大阪制覇

3月9日の土曜日は本当に暖かくて絶好のライド日和でした
いや~、まさに39、サンキュー
ただ、天気予報やニュースでも言っていたように、
花粉+黄砂+PM2.5の影響か、空は見事に靄ってました

ともあれ、こんな陽気を逃すテはないと、今週もダムライドにGo!
先週のライドの二の轍は踏むまいと、1時間早く9時に出発

まずはサイロを御幸橋まで。

SN3O0916.jpg

一番手前の山こそ見えますが、その後ろの山はすっかりうす黄色く霞んでしまってます。
走っている間こそ平気ですが、停車すると「へっくし!」
ツツ~っと水っぽい鼻水が
そういえば、サイロにはサイクリストもけっこう多かったですが、
マスク着用の方もけっこういました。
う~~~、息苦しくてもマスクすべきだったかな。。。

御幸橋までほんの30分程度ですが、もう汗ばんできたので、
ウィンドブレーカーも脱ぎ、
グローブもフルフィンガーからハーフフィンガーグローブにチェンジ。
今シーズン初です

ここらでちょっと“小さな春”探し

SN3O0913.jpg

背割堤の桜並木はまだまだですが、もうあと3週間もすれば。。。

SN3O0914.jpg

SN3O0915.jpg

でも、足元から確実に春の足音が近づいてきています

さて、御幸橋からは「北大阪サイクルライン」で淀川を南下。
樟葉のゴルフ場付近ではあの意地悪な車止めが待ち受けてます

枚方まで南下したら、車止めのある道路ともオサラバして
ここからは街なかを通るR170をひたすら走ることに

枚方から東大阪を縦に貫くR170。。。
わかってはいましたが、交通量が多く、排気ガスなどゴミゴミした空気で、
できれば走りたくない感じ
特に、R1との合流やJRや近鉄といった鉄道をまたぐために、
自転車通行禁止の高架がたびたびあって、
その都度迂回を余儀なくされるのがストレスです
それでも距離、わかりやすさを考慮すれば、
これを使うのが今回のルート的にはベストということで、割りきって淡々と走ります
道も基本的にフラットで、幸い、風も気にならない程度なので、
巡航スピードはまずまず

寝屋川→東大阪→八尾→柏原とどんどん南下し、12時半ごろ羽曳野に入ったところで
スーパーに寄って昼食を購入

さらにそのまま先を急ぐと、富田林に入ったところで
突如青空にニョッキリ突き出す怪しい塔

SN3O0917.jpg

なんだ?この半有機的なフォルムは
ガウディ作?ダリか?
後でwebで調べたところ、
高校野球や夏の花火大会で有名な「PL教団」の『大平和祈念塔』だそうです。


最初の目的地まであと少し!
R170から県道202号に入り、しばらく進むと最初の目的地に到着~

SN3O0918.jpg

狭山池ダム。

ダムといっても、一般的な山中に湖を形成するタイプではなく、貯水池です。
この狭山池のすごいところは、日本最古のダム式ため池で、
なんと7世紀前半に築造されたそうで、
『古事記』や『日本書紀』にも記述が見られるそうです
もちろん、ダム自体は平成に入ってから作られたんですけどね
(Wikipediaより)

SN3O0919.jpg

お~~~!こ、これはっ!
滋賀の青土ダムと同じタイプの洪水吐ではないか!
水量はあまりなく、水の流れがチョロチョロだったので、迫力がなかったのが残念


では、ダムカードをいただきにあがりましょう
狭山池ダムのダムカードは土日祝日はこちらの立派な建物で対応してくれます。

SN3O0920.jpg

SN3O0921.jpg

『狭山池博物館』

SN3O0923.jpg

かなり近代的な凝った造形で、入口までの道も迷路のよう。
何を展示してるのか知らんけど!

なんとか入口まで辿り着き、入口ロビーで美人の受付嬢さんからダムカードをゲット

入口のドアにはこんな貼り出しが

SN3O0922.jpg

来週からか~!残念 orz


無事にダムカードもゲットできたところで、
狭山池のほとりのベンチで、先程買った昼食を食べました


「よし、次行ってみよ~!」ということで、先を急ぎます

R310を南下し、合流地点から再びR170。
南西方面へ進むと、やがて今回のライドで初めての峠らしい坂道
といっても7%程度です

坂の途中で2つめの目的地の雄姿が現れました

SN3O0925.jpg

この先、ダムの堤体天端の高さまで登坂し、目的地に到着~。

SN3O0927.jpg

SN3O0934.jpg

滝畑ダム。

SN3O0926.jpg

ダム管理所はすぐ横にありましたが、土日祝日のダムカード配布は別の場所で対応。
堤体天端を渡って向こう岸をしばらく進みます。

SN3O0928.jpg

ダム下流側はこんな感じで少しだけ放水中
そして、上流側の洪水吐は。。。

SN3O0929.jpg

出た!ここも青土ダムタイプ(造形美的には無粋)
残念ながら、水量が足らず、迫力ゼロ

SN3O0930.jpg

穏やかな晴天にのどかな湖面の風景


堤体天端を対岸まで渡り、さらに進むとやがて建物が現れました。

SN3O0931.jpg

『滝畑レイクパーク』
こちらでダムカードがもらえます

入口から建物の中に入るとすぐに管理人室があり、
そこで職員さんに「ダムカードいただけますか?」とお願いすると、
「そこにあるからご自由にどうぞ」ですと。

あら、ほんと

SN3O0933.jpg

箱に山積み状態でした。。。
2枚目のダムカードゲット
これにて本日のミッション完了~

この時点で時間は15時前。
よしよし、いい感じ あとはまっすぐ帰るのみ
今日は暗くなる前に帰れそうかな


滝畑ダムを後にして、素直に来た道をUターンしようかと思ったら、
『関西サイクルスポーツセンター』を示す看板が
こちらのルートでもロスなく帰れそうなので、ちょっと前を通って帰ることに

あちゃ~、こっちはまだ登り坂なのね。。。
しばらく上りが続き、やがて『サイクルスポーツセンター』が現れました。

SN3O0936.jpg

SN3O0937.jpg

こんな山の上にあったのね。。。
アトラクションは“サイクル”らしく、ペダルで漕いで動かすものがほとんどのようです。
なんか、昔、京都の八瀬にあった『スポーツバレイ京都』を思い出すなぁ

もちろん、今回は入場せず、入口前で記念撮影しただけで、そそくさと退散
この先は長~い下り坂
ダウンヒルで時間ロスを挽回だ~~!

坂を下りきったら自動的にR170に合流。
そのままR170を北上

富田林を過ぎ、羽曳野→藤井寺→柏原とどんどん北上
といい感じに走っていた矢先、八尾あたりで後輪に違和感

あちゃ~、パンクぅ

『レストランさと』の駐車場でパンク修理ショー開催

SN3O0938.jpg

ど真ん中に小さいながら鋭く尖った小石が突き刺さってました
RiBMo PTの時にはライド中のパンクはゼロだったのが、RiBMo Nにしてから既に2回
廉価版のためなのか。。。
それとも単に国道の路側帯を走ることが増えたためなのか。。。

サクサクッとチューブ交換を済ませるも、20分ほどタイムロス
どうせならとエネルギー補給も済ませておきました。

結局3、40分ほど費やしましたが、再び帰路を急ぎます

御幸橋に着いたのが18時40分。
トラブルがあったため仕方ないとはいえ、今回もナイトラン
結局、家に帰還したのは19時半近くでした

今回も “やっちまいました” ですが、
パンクトラブルによる不可抗力につき、ヨメさんからのお咎めはナシでした

IMGP4930.jpg

今回ゲットした2枚のダムカードで、大阪のダムカード制覇!(2013年3月9日現在)
京都コンプリートに続き、2つめの都道府県コンプなり~

ダムカードは27枚(+「道の駅スプリングスひよし」カード)です。


【本日のライド】南大阪ダムライド
(御幸橋~枚方~R170~富田林~狭山池ダム~県道218号~滝畑ダム)
Tm:6:57'59 Dst:172.53km Av:24.7km/h Mx:57.8km/h Alt:874m

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ガッツリ!ひな祭ダムライド

どうも、たむです。
個人ブログのまんま引用ですが、先日のダムライドのレポートです。


3月3日、先月の節分ダムライドからちょうど1ヶ月ぶりで
ダムライドに行ってきました

土曜日の寒さから比べるといくぶん暖かい感じだし、
天気も、時折あやしく曇りながらもお天道さんは照ってます

こいつはいっちょガツン!と走っておきましょう!ってことで、
2週間ぶりのライドにもかかわらずちょいとロングな計画を

朝10時に出発 まずはサイロを南下

御幸橋をスルーして流れ橋まで。

SN3O0890.jpg

流れ橋の橋桁が全て取り除かれていました。
復旧作業は進んでいるようですが、まだまだ時間はかかりそうです。。。

サイロを終点まで走り、そのままノンストップで一気に奈良→天理→桜井まで

この時点で12時半くらい。
今日の昼食は最初から決めてました!

SN3O0892.jpg

奈良・天理といえば。。。の彩華ラーメン
せっかくなら本店でとも思いましたが、コースからあまり逸れない地点にある桜井店に。

お昼時ということもあって、店内は数組の待ち状態
「お一人さま」な私はカウンターでOKということで、
10分待ち程度で席に座ることができました

SN3O0891.jpg

注文したのは「彩華ラーメン/モモチャーシュー入り」並880円

白菜たっぷり・ニンニクの効いたスープと縮れ細麺がまいう~!
さらにカウンターに置いてある辛味調味料「ラージャン」をさじ一杯入れて、
辛々アツアツで体内から発熱~ スタミナ注入~


よし!エネルギー補給もできたので先を急ぎましょう

桜井から県道15号を南下
古都のロマン漂う明日香へ。

石舞台古墳、亀石、猿石、高松塚古墳なんかへ寄り道したかったのですが、
ちょっと時間的に余裕がなさそう

ま、史跡めぐりはまたの機会に ということで先を急ぎます

んが、ここからがクセモノでした
地図でこの先に「芋ヶ峠」という峠があるのはわかっていましたが、
実際走ってみると。。。

序盤はダラダラ~っとゆるやかな上り。
「大したことなさそう
な~んてサクサク上ってたら、中盤から急に道幅が狭くなり、
路面もアスファルトがやや荒れてきて、中央部分には苔も。
杉の落枝や落石・砂利もけっこう散らばっていて走行に少し神経を使います

勾配は7~13%が続きます。

続きます。

続きます!!

これでおしまいか?と思って上り進んでみると、さらに道は上を向いて続いてる
それが何度も何度も繰り返す感じ
たぶん3kmくらいは続いてたんじゃないだろうか。。。

SN3O0893.jpg

ようやく峠の鞍部まで上りきりました
(写真は上ってきた方向)


ここから反対方面へ一気にダウンヒル
こっちは楽チン(ということは、逆方面からの上りもけっこうキツいってことですね)


芋ヶ峠の登坂で予想外に時間を喰ってしまいましたが、目的地はもうすぐです

と油断してたら途中でルートを誤ってしまい、
帰路に走る予定の県道37号を北上してました。
こちらも上り勾配。5km以上も時間とスタミナを消耗してしまいました
新鹿路トンネルを過ぎたところでようやく気付き、慌ててUターン

坂を下りきってようやく本来のルートへ復帰
なんとそこから目的地はほんとにすぐでした~

今回の目的地に到着~。

SN3O0896.jpg 
SN3O0894.jpg

今回のターゲットは「津風呂ダム」
これ1つだけのために、103km走ったわけです(←もうバカです)

当初の予定では、片道80kmくらい、往復で160km強を見込んでいたのですが、
下手すりゃ200kmライドになりそうな勢い。。。


それはとりあえず置いておいて、肝心のブツをいただきに参りましょう!
ダム管理所は堤体天端を通って向こう岸です。

SN3O0895.jpg

堤体天端の真ん中から下を見下ろしたところ。

ダム管理所に着きました

ガ~~~~ン

シャッター降りてる

入口の前には無情にも格子状のシャッターが
下調べでは津風呂ダムって土日対応アリのはずなのに!?

インターフォンは。。。

ガーーーーーーーーーーン

シ、シャッターの向こう側じゃんっ!
インターフォンの意味なし!!

往復100kmくらいのライドなら空振りでも、
「ま、しゃーないか」
って諦められるけど。。。
今回空振りだと、さすがにちょっと立ち直れないかも。。。


はっ ダム周辺の巡回に出てるのかな?
しばらく待ってたら戻ってくるかも。。。

5分。。。。10分。。。。。

少し先に貸ボートの受付がある! そこで聞いてみよう!
ひょっとしたらダムカードの配布代行してるかも。。。

貸ボート受付のおじさんに事情を話してみるも、
一縷の望みはもろくも打ち砕かれました

仕方なく再びダム管理所の前まで戻り、さらに15分ほど待ちぼうけ状態。
帰る時間を考えるとさすがにそろそろ諦めないといけないかな、
と撤収準備をしていたら。。。

!?

格子状シャッター越しのガラスドアに人影!?

あっ!動いてる!絶対に人だ!

「すんませんっ!すんません~っ!」

シャッターをガシャガシャゆすってる音に気付いて
中から職員さんがドアを開けて出てきました!

「ダムカードいただけますかっ?」
半泣き状態にも近いような表情で(←知らんけど)懇願すると、

「あ。」

それだけ発して建物の中に。

しばらくしてカードを持って来ていただけました。

「あ、ありがとうございますっ!」
安堵の表情いっぱいにお礼を言うと、

「ふん。」



なんか気ィ悪い。。。

別に「よく来たねぇ」とか「お疲れさま」なんて
労ってほしいとかっていうんじゃないんです。
好きで勝手に自転車乗って100km走ってきたわけですからね。

ただね、
配布するためにダムカード発行してるんでしょ?
土日祝日も対応してるんでしょ?
もうちょっと対応の仕方ってあるんじゃないかなぁ。。。


なんだかモヤモヤした気分になっちゃいましたが
それでも値千金のターゲットを無事獲得し、ミッション終了!


さ、さ!急いで帰らにゃ!

帰りはさっき間違えた県道37号を北上。
その前に、自販機を見つけてホットなコーヒーとオールレーズンでエネルギー補給

時間は16時をまわったところ。
順調に走ったとしても4時間以上はかかる
とりあえず家にメール、メール


幸か不幸か、さっき間違えて走ったおかげで県道37号の状況はわかってます
新鹿路トンネルまで坂を上ればあとはダウンヒルのはず。
暗くなる前にこの峠道だけクリアして、
桜井市街まで行ければ、あとはなんとかなるでしょう

新鹿路トンネルがこれまた長~いトンネル。全長2,466m!
交通量が少ないのが救いです

トンネルを過ぎると、あとは下り。
上りでロスった時間を挽回~

桜井からはR169で往路と同じルートを引き返します
山城のサイロ終点の手前で休憩。
ここにはチェリオの100均自販機があるので

SN3O0897.jpg

久々の「ジンジャーウコン」

既に時間は18時半。日も暮れナイトランです
家まで残りまだ40kmくらい

エネルギー補給はこまめに

宇治市内のマクドで「チキンクリスプ」
久御山のローソンで「スニッカーズ」


行きも帰りも風の影響がなかったのが幸いでした
脚も思いのほか元気で、最後まで売り切れることなく、20時半に無事帰還


この時期で185km!ガッツリ走りました

そして、ヨメさんにはガッツリ叱られました

IMGP4914.jpg


【本日のライド】吉野ダムライド
(サイロ~桜井~芋ヶ峠~津風呂ダム~県道37号~桜井~山城~R24&R1)
Tm:8:20'40 Dst:185.06km Av:22.1km/h Mx:56.7km/h Alt:1,801m

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

3名様 de 淀川ライド

ご無沙たむっちです。

先週末の「ビバヒル悪の打ち合わせ」の中で決まった
日曜日のライドのレポートです。


今回は南方面に行くということで、
北の方に住むメンバーがどんどん南下しながら参加していくかたちで。

ウチより北に住んでいるヤマケイさん&サイトーさんが南下してウチで合流。
10時半頃の予定でしたが、到着は11時。想定の範囲内でノープロブレム

では出発
まずは西へ進んでサイロへ。
絶好のサイクリング日和で風もそれほどではなく、27km/hくらいのペースで御幸橋へ。

御幸橋で休憩しつつ、ここで合流する予定の阿呆MAXさんに連絡をとってみると、
仕事で使うドリルが故障してトラブっているらしく、合流不可とのこと
仕方なく、本日のライドはこの3人でそのまま行くことになりました。

いつもなら御幸橋から木津川沿いを走るのが定石ですが、
今回はヤマケイさんの希望により、そのまま淀川方面へ南下することに。
私にとっては初めてのコースです

桂川から木津川へと続くサイロは知っていましたが、
淀川から大阪に向かうサイクリングロードがあることすら知りませんでした
(正式には「北大阪サイクルライン」とか「北河内自転車道」というらしい)

御幸橋から少しの区間、未舗装の部分がありましたが、ほどなく舗装路になりました。
お~、けっこう広くて走りやすいやないスか~

でも、ちょっと風が強くなってきました。
まぁ覚悟はしてましたけど、やはり向かい風
スピードもダウンして、21~22km/hくらいのペースに

今日は同じように走っているサイクリストもけっこう多いです
(もちろん歩行者や犬の散歩、バードウォッチャー、ママチャリや子供連れも)
初めての道をヤマケイさん&サイトーさんに引かれる形でクルクル


樟葉、枚方の河川敷ゴルフ場を通るあたりで
このサイクリングロードの一番の問題点に遭遇

これです ↓
SN3O0839.jpg

車止め
なんだこの「通せん棒」は!
下の方の隙間なんて、MTBタイヤ1.5本分くらいの幅しかないし

木津川のサイロにはゲートが数箇所しかないのですが、
サイクルラインにはゲート+「通せん棒」が執拗なまでに設置されてます
狭い間隔で刺さっている2本のポールに対して自転車をまっすぐに通し、
ペダルを上下の出っ張りに当たらないよう、おおむね水平に保ってスルスルと。。。
あ~、ストレスたまる~~!

とりあえず、枚方大橋手前で一旦サイクルラインを離脱。
この時、行く手を阻むゲートの一つを通過する際にサイトーさん負傷
ペダルが引っかからないよう足元ばかりに気を取られてたら、
「ガチン!」手の方をやられました

府道13号の関西医科大学付属枚方病院前にファミマを発見
ここのイートインで昼食休憩ということに

きっと同じことを考える人が多いのでしょう、
たくさんのロードバイクが停まってました。
自転車を立てかけるスペースもなく、芝生に横たわらせて店内へ。
菓子パン2個&Hotな缶コーヒーを購入。
ちょうどイートインの席が空いたので、そこで3人お食事タイム
風のない店内は日差しが暖かくって極楽~
私のパンク修理セットの中をあさってみると、
いつから入ってるかわからないような絆創膏があったので、
とりあえずサイトーさんの手の傷も処置

小一時間ほど休憩をしてから、再びサイクルラインへ
やはり風のせいで外は寒い~

ひらぱーの観覧車を横目に通り過ぎ、寝屋川市へ入ると
正月みたいに凧がいっぱい揚がってます
季節外れな感じだけど寒風の中でみんな元気だね~
なんて思ってたら。。。

凧揚げ大会でした。

SN3O0825.jpg

それにしても勢いよく凧たちが青空を舞ってます。
私たちが向かっている方向からの風に乗って。。。

さぁ!向かい風にも負けず、「通せん棒」にも負けず、頑張りましょう!

とはいえ、執拗におそいかかる「通せん棒」に
次第にサイトーさんの人格が変貌していく

そんなこんなで15時前に、本日の目的地に到着~

本日の目的地は。。。

SN3O0833.jpg

鉄橋でした~

この鉄橋、その辺の橋とはちょっと違います!

JR貨物の鉄橋なんですが、
鉄橋のすぐ横を人や自転車が通れる橋にもなっているのです
しかも木造!!

SN3O0830.jpg

名前は「赤川仮橋(あかがわかりばし)」
とりあえず“仮り”ということで鉄橋にあいのりした橋ってことか。。。

SN3O0831.jpg

いい味出していて、NHKの朝ドラのロケ地にもなっていたようですが(ネット調べ)、
線路の複線化に伴い、来年の秋には閉鎖されちゃうそうです
それにしても、80年間も“仮り”のままってどうなんでしょ。。。


そうそう、列車の通る鉄橋のすぐ横を歩ける橋ということは。。。

こんな写真だって撮れるってことです
  ↓  ↓  ↓
SN3O0834.jpg
うっひゃ~!ド迫力!!

せっかくなので、向こう岸まで橋を渡ることに

SN3O0835.jpg

SN3O0832.jpg
↑走ってきた上流側はこんな感じ

SN3O0837.jpg
↑下流側は逆光で黄昏チック。大阪キタの市街地までもうあと少し。
 写真の真ん中やや右寄りに、梅田スカイビルが見えます。

SN3O0838.jpg
サイトーさん、ささくれるの図(笑)

さて、時間も15時を過ぎ、気温も少し下がってきたみたい。
日も暮れだすからぼちぼち帰りましょう
復路は対岸を走ることに

行きが風に苦しめられたということは。。。
帰りは追い風ナリ~

やっほ~、楽チン楽チ~ン
今日はほぼ上りがなく、脚が残っているってのもありますが、
追い風に乗って、MTBでも平坦路を40km/hオーバーで走れます
(対岸も相変わらず「通せん棒」はありますけど

サイクルラインの本道ではない(たぶん)対岸は、
時々コース合ってるのか疑わしいところもあったりしましたが、
それでも快速ペースで進んでいけました

河川敷には簡易の公衆トイレも散在していて安心

SN3O0841.jpg

SN3O0840.jpg
「小便OK、大便注意」 注意って何が!?


ひらぱーの観覧車を過ぎ、高槻(枚方とは川を挟んで市境)を越え、
ようやく御幸橋まで戻ってきました。

が、対岸を走っているため、御幸橋からサイロへ入るところがわからず、
そのまま桂川とは違う別の支流の方へ進んでしまいました
今さら引き返すのも面倒なので、そのままイナイチ(R171)方面に出ることに

ちょうど大山崎と長岡京市の市境あたりは、
新幹線・名神高速・イナイチが最接近する地点なのですが、
偶然にもそこでまた鉄道ファン好み(?)なポイント発見

SN3O0842.jpg
新幹線がほぼ目線の高さで疾走~

やっぱ新幹線、速いわ!
写真に写っている手前から3つめの架線柱に新幹線が来た時に
写メのシャッターボタン押したのに、新幹線の鼻先が見切れてしまいました~

その後、長岡京駅前のセブンイレブンで休憩
ロールパン1個とHotな缶コーヒー購入

日没が近づいてきたので、前後ライトを点け、ふたたび帰路に
イナイチは車が多くて危険なので、新幹線高架下などの抜け道を通って桂大橋まで。
ここでヤマケイさん&サイトーさんとお別れ
私の帰還は18時過ぎ、くらいだったかな?


久しぶりの走行会、楽しかったです!
今回都合で参加できなかったみんなも一緒に、また行きたいですね~

ヤマケイさん&サイトーさん、お疲れさまでした~!


【本日の練習】淀川ライド(サイロ&北大阪サイクルライン)
桂大橋~御幸橋~赤川仮橋(往復)
Tm:4:05'59  Dst:85.83km  Av:20.9km/h  Mx:42.6km/h  Alt:198m

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

プロフィール

hillclimb082

Author:hillclimb082

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おやぢの部屋 (121)
ヤマケイの部屋 (361)
サイト―の部屋 (37)
MAXの部屋 (105)
鉄瓶の部屋 (16)
通勤バカの部屋 (56)
たむの部屋 (45)
居候の部屋 (53)
千葉支店 (20)
マッチャンの部屋 (5)
未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。