2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・与那国島

​ツールド与那国島

10/28(月)

7:00に関空出て、11:15 頃には日本最西端の島、与那国島に到着。4時間半・・・近いといえば近いし、遠いと言えば遠い...


DCIM5457.jpg
位置的にはこんな所。もう台湾にかなり近いです。(与那国空港前の地図にて)


タラップで降りてすぐに感じるジメジメとした暑さ。出発時の大阪は肌寒かったけど、やはりここは南国。まだまだ夏です。


手渡しで輪行自転車を受取り、こじんまりした空港の抜けて端の方で輪行を解く。自転車は無事なのかとても緊張する瞬間です。梱包材を集め、輪行袋や着替えなど、富士ヒルクライムでもらった大きめの荷物袋につめ、ロッカーに入れる。与那国空港のロッカーは使われている感じが薄かった。というのも、到着後、他の乗客は私以外はすべて宿や自宅、仕事場の迎えの車で早々にいなくなり、寂しい空港に私1人残って輪行をといていたのでした。こんな感じなので、ロッカー利用もほぼなく、ロッカーも何かの立て看板の裏のわかりづらい所にひっそりとある感じでした。

そして、用意の最後の難関、空気入れです。携帯ポンプでロードタイヤの高圧まで持っていくのはほんまに大変です。暑いなか、出発前から汗だくです。7気圧入れたかったけど、あきません、ぎりぎり6.5気圧ぐらいでギブアップ。


DCIM5456.jpg
そして、不安と緊張の中、12:00過ぎにやっと出発。


空港は島の北側にあり、まずは日本最西端ポイントに行きたいため、反時計回りで進むことに。最初は牛歩あ号の様子を見ながら進む。ほどなく小さな港と集落があり、ここから登りに。登りきって右折してさらに登ると、白亜の灯台が! ここが今回の目的地の1つ「日本最西端」です。西崎(いりざきと読みます)
DCIM5459_20131118171211adf.jpg

DCIM5466.jpg


最西端ポイントから、下の港の海。めっちゃきれいです!
DCIM5464.jpg



ここから南に行くのに、凸凹の溝があります。この微妙な凸凹、最初は怖くてあるいてクリアしました。けどこれ、クリートで歩くほうが怖いです。ハマったら抜けなくなりそう...真っ直ぐで乗車してクリアした方がいいかと思います。とにかくまず、この溝にビックリ。後で調べたらテキサスゲートというらしいです。こことか、ここなどに情報あります。


このテキサスゲートを超えると、道路に馬のフンが多く現れます。この辺り、走行中の車には一切出合いませんでした。地元に人がサビサビの軽をとめて釣りしているぐらいでしょうか、出会ったのは...。それよりもここは馬です。与那国馬。ちょっと小さめで可愛いのですが....


このように止まったら一気に寄ってきたら、ちょっと怖い ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
DCIM5472.jpg


ただ、この島の南側の道は、ほんまに気持ちいい道で、南国に キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! って道です
DCIM5468.jpg



またテキサスゲートを越えたら比川集落。こじんまりした集落です。ここの海岸に出ると...


Dr.コトー診療所。
DCIM5478.jpg

DCIM5483.jpg



珊瑚礁が砕かれて出来た海岸。海キレー。そして誰もいない海。
DCIM5480.jpg



この辺りで気になり始めました。石垣→与那国の小型プロペラ機は満席で、観光客の人も多かった。けど今まで全くそんな方々と出会ってない。みんなどこにいったの? そうです。みんな海中に行っているみたいです。特に海底遺跡というのが有名なダイビングスポットらしい。私は陸上で精一杯です。

この比川集落から一気に登り。その登りでチェーンがジャムってしまい、どうもFDが引っ張られ、ワイヤーずれたみたい。アウターでFDに干渉するようになってしまいました。小さなドライバーでFD位置調整するけどうまくいかず、応急処置して走り出します。

登り切った所で右折。ここから海岸線のアップダウンに。

こんな感じで海に落ちていく所も数々。
DCIM5487.jpg



そして立神岩。
DCIM5486.jpg



与那国の東の端の東崎灯台。『あがりさき』と読みます。
DCIM5489.jpg


ここの休憩所では、与那国馬も休憩中。
DCIM5492.jpg



ここから少し道迷い、沖縄独特のお墓場(亀甲墓が集まっている所)をグルグルしてしまいましたが、ほどなくこの島の一番大きな?集落の祖納に入る。

とはいえ、こんな感じ。
DCIM5494.jpg



ここで唯一?のスーパーがあったので、コーラを買う。そこで、大きめのドライバーあるか聞いたら、貸してあげるとのこと。ほんまありがたい! ここでなんとかFD調整ネジで調整して、ちょっとマシな所までは調整できた。(けど根本的にはワイヤー張り直さないといけない・・・)
DCIM5495.jpg




もうすぐ一周できそうやけど、時間もまだまだあるので、南北に縦断する道を進む。ちょっと登って下ってまた比川集落に。そこから海岸線の与那国馬の道ではなく、そのまま内陸?の県道を西に。久部良岳がかなり南国の山を醸し出している。こんな感じですわ。ちょっと気持ち悪い?


久部良港に戻り、最西端郵便局にて。
DCIM5496.jpg


ここからちょっと登ると、こんな所に。時間もあるので、ここで心地良い風を受けながら、30分ぐらいぼーっとしていた。気持よかった。
DCIM5499.jpg



空港を過ぎて、また祖納集落に。ちょっとじっくり探検。

与那国泡盛「どなん」度数60度です!
DCIM5500.jpg



島内部はこんな感じ。
DCIM5503.jpg


与那国町役場。
DCIM5506.jpg


与那国の小学校は、校庭天然芝でした。そんな中、ヤギが数匹放し飼い...。のどかでした。

あと、与那国には自衛隊配備歓迎と自衛隊反対の登りが同じぐらいあります。揺れる感じです。まぁ尖閣諸島と近い島ですからねー。

あと、きになったのが、バケツです。こんな感じ。なにかなぁと思って調べたら、こんなことだったんですね。私はハブ退治用の何かと思ってました...。

空港に戻り、まずはスマートフォンの充電。なんか南国に来てからスマホの調子が悪く、バッテリーがすぐに減るようになり、また mini USB の充電口が緩くなったのか、うまくハメないと充電できなくなりました...。あーこれからっていうのに、アンビリバボーです(-_-;)

ツールド与那国島 1.5周? 約53km。

かなり早い目に着いたので、空港ロビーは誰もいない。また冷房きいてて気持ちいいので、ロビー内で輪行準備させてもらう。トイレで着替えて、石鹸で顔洗って、あー気持ちいい。ちょっと一安心。

安心感の後は・・・、そう言えば、何も食べてなかったので、急にお腹が減ってくる。空港には食堂があったので、ここで八重山そばを頂く。ハラワタに染みました...。ごちそうさま。
DCIM5508.jpg


18:30 頃発の小型プロペラ機で石垣に。帰路便は空いてました。工事関係者と私しかいませんでした。それにしても日が長いことに驚く。18:30 でも十分まだまだ走れる。これからの参考になります。

新石垣空港着は19:00頃。さすがに暗い。新石垣空港から市街地までは結構距離あります。輪行といて自転車で行く予定でしたが、路線バスが飛行機からのお客さん想定で自転車も十分乗りそうだったので、バス移動。結局バスでも30-40分以上かかったと思う。

今日から3泊もお世話になるゲストハウス。一応個室だけど、バス・トイレ洗面所は共同。キッチン付き。1泊は確か2300円ぐらいだったかな。

近所にあった、coco! で晩飯と明日の朝食、酒類を買い込む。オリオンビールと石垣の泡盛は必須として、石垣の乳酸菌飲料の「ゲンキクール」と「マリーブ」!、これら2つとも行くまで知らんかったけど、素晴らしい飲みものです。石垣の間、めっちゃはまってしまいました。全国展開したらいいのにと思うぐらい。
DCIM5516.jpg


今日は3:45起きだったので、もうヘロヘロ。早々に就寝でした....。

明日は飛行機輪行ないのでちょっと安心。けど、波照間まで船大丈夫かな?



与那国島のまったりゆっくりした時間、よかったです。ありがとうございました。





テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント

くぅ〜、いいですなぁ(≧∇≦)


ところで旅費的には今回どんぐらい掛かりました??
トライアスロンでそっちに行ってみたい貧乏人には其処が気になるところw

トライアスロンですか?宮古島? 宮古島マモル君と 宮の露です。

関空-石垣-那覇-関空の飛行機代がなんと合わせて12,000円!けど、輪行自転車代やなんかいろいろで倍以上かかりました。(それでも安いですが・・・) ただ、桃色LCCのでの自転車輪行はあんまりオススメできません。値段と安心感なら、オレンジLCC(去年新千歳までで使いました。よかったです)か、スカイマークとかが無難なのでは?

石垣-与那国が往復割引で片道7000円ちょい(往復15000円弱)。
石垣-波照間の船が往復割引で6000円弱やったと思います。
宿代はゲストハウスの個室でよかったら2000円台いっぱいあります。(石垣・本島。他わかりません) 島の物価は安いです。特に泡盛。

まぁ行く前にまたいろいろとお聞きください。分かる範囲で情報お伝えします。頑張って!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hillclimb082.blog49.fc2.com/tb.php/845-0431acd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hillclimb082

Author:hillclimb082

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おやぢの部屋 (121)
ヤマケイの部屋 (361)
サイト―の部屋 (37)
MAXの部屋 (105)
鉄瓶の部屋 (16)
通勤バカの部屋 (56)
たむの部屋 (45)
居候の部屋 (53)
千葉支店 (20)
マッチャンの部屋 (5)
未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。