2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナハ→コザ

​10/31(木) 石垣:曇そして強風

起床。カーテンあける。今にも降り出しそうな空。低く垂れこめた雲。気温も昨日までと違って少し低めか。朝の沖縄ニュースを見る。本島は今日一日雨で昼からきつくなるらしい。スマホのウェザーニュースを見ても、ほぼ一日傘マーク。おも~い気分に。けどね、こんな時に限って、京都とかはバリ晴れマークなんですね。日本でも沖縄地方だけが雨みたい...。ただし、前半はその逆だったので助かっていました...。


3泊4日、かなり快適に過ごさせてもらったゲストハウスのオーナーに別れを告げ、路線バスで新石垣空港に。ここの桃色LCCのチェックインと手荷物預かりはスムースだった。空気抜けとかペダルとか何も言われなかった。けど隣のデスクでは窓口の手荷物料金の勘違いにより、お客さんえらい怒ってはりました。教育とその継続って大切ですよね。特にこんな飛行機会社の場合特に...。


モンパチボーカルがなかなかええこと言っていたので、パチリ。空港にて。
DCIM5699.jpg


バルコニーで外に出ると、北東からの暴風。昨日よりも風きつい感じ。雨も今にも降ってきそう...

桃色LCCはまた麻里子様仕様だった。この機体は保有機体10機のうちの1機だけなので、2回連続となると、単純に言うと、1/10*1/10 の 1/100 の確率であたったことになるのか? けど関空→石垣→那覇→どっか...の、定期でこの機体なんでしょうね。

乗る前にタラップのキタナイ窓越しにパチリ。
DCIM5701.jpg


飛行時間1時間ほど。そうそう、別途質問あったのですが、石垣→波照間の船は片道1時間です。1時間揺れまくりなんです。


那覇空港に。(貨物ターミナル前・・・)
DCIM5707.jpg


ここから接続悪い(20分ぐらい待った)専用バスにのり、普通?の那覇空港ロビーに。これまでにない久しぶりのデカイ空港でちょっとびっくり。空港の端の方に行き、自転車組み立てる。梱包材は富士ヒルクライムの袋につめ、そして、どうしようかめっちゃ迷ったけど輪行袋は持って走ることにした。何かあった場合は輪行でバスに拾ってもらおう。そう思うだけでも心少し楽になるし...。那覇のコインロッカーは普通サイズで最初の6時間が300円、その後1日毎に400円追加だったと思う。1Fの普通サイズロッカーがいっぱいだったので、自転車の格好のまま、お土産ショップが並ぶ2Fの普通サイズロッカーに預ける。

この時点でお昼過ぎ。もう心には決めていたんです。今日は糸満とか南側は回れないなぁって。雨はまだ降ってないけど、何度確認してもお昼からはこの本島も雨マーク。宿は、沖縄市、昔でいうコザ。ちょうど本島の真ん中あたり。このまま那覇からショートカットでその真ん中辺りまで行ける。雨の中、南側の遠回りしなくても...という気持ちになっている。けどね、そのまま行っただけでは面白くないので、ちょっと調べた、空盗りとダムカード取得を行ってからにしよう...。

まぁ雨でもいいかぁと、ちょっと気持ちが楽になる。それでも初めての本島自転車走行で緊張の走りだし...。


空港から市街地近くまでやって来た所。ゆいレールもあります。
DCIM5708.jpg


那覇のビジネス街を抜け、観光客でいっぱいの国際通りをゆっくりと走って楽しみ、その後、急に坂が始まります。途中までは首里城に行く坂を登り、右折して住宅街の中の地元車多い道を登っていく。


そして、金城ダムに。
DCIM5711.jpg

管理人さんがちょうど車で見回りにいく時だったので、すぐにダムカードお願いしますと伝えた所、そのほんまに沖縄のおじいという管理人さんは机の上にあるからもっていけみたいなことをおっしゃっている。


その机の上見ると...
DCIM5712.jpg
なかなかワイルドです。けどわかりづらい...。


ダムと一緒にパシャリ。日本最南端ダムカードです。
DCIM5710.jpg


管理棟の横にはこんな看板が。
DCIM5713.jpg


このダムからさらにきっつい登りを登り切って、尾根のでかい交通量多い道に。
確か、この辺りからきたんです。またこれから長いお付き合いになる『雨』が...。


住宅や店や学校などがかなり密集しているアップダウンを越えて方角としては南に。
雨の中、何度かストップ&ゴーを繰り返し、南風原町や、南城市などをかすめるように空盗り行い、与那原でR329に。この辺り、車めっちゃ多い。そして雨がきつくなってくる。なんか沖縄っぽくなくて、日本でどこでもあるような光景。けど、これが本当の沖縄なのかもしれない。

海はあんまり見えないが東海岸側に出て北上開始する。そして...雨の中、北東からの向かい風が手荒い挨拶で歓迎してくれた。

広い片側2車線のよくある郊外の道って感じ。大型車などの交通量も多く怖い。また顔にバチバチと雨粒があたり痛い。そして緩やかにアップダウンが続く...という我慢というか、もう気分は修行の感じの走行が続く...


そして、時間を見ようと左腕みたら、あれっ!? 時計がない?
金城ダムで忘れた? いやいや、その後、何回か時間確認したぞ?
ということは...走行中に落ちた?
ベルトと時計本体をつなぐ金具がちょっとヤワくなってて、確かに行きの南海電車の中でもポロッととれてたなぁ....。
あーぁ、時計落としたのは痛い。時間確認のためにバッテリーの調子悪いスマホを見て電池消費するべきではないし...。
まぁ、けど元々も安いものだし、防水機能もないし、こんな雨の中の走行やし、
またどっかで防水機能付の安い時計買おう...。
っと、気持ちを切り替える。


全然村っぽくない、中城村、北中城村を過ぎると、アップダウンがきつくなる。コザ高校が鞍部の登りは、今回の沖縄走行の中でも上位に入るぐらいにキツかった。


コザ高校で一休み。ここは高校駅伝の常連校。
DCIM5714.jpg


その高校の前のバス停によくわかる沖縄地図があったので、ここで全体図をよくお勉強。
DCIM5715.jpg



けど、コザまで来れば今日の宿はもうそこのハズ。
なので、ちょっと空盗りの寄り道を。

コザ十字路
DCIM5718.jpg



まずはコザ十字路から那覇方面、沖縄市の中心地に向かって、R330 走る。こっちもアップダウンがなかなか激しい。そして、なんでしょうか、すごく異国の感じと寂れた感じが、日本ではない感じを醸し出している。


このような寂れたシャッター商店街や(至る所に)
DCIM5716.jpg


このようななんか味?がある商店や、
DCIM5717.jpg

米兵相手にしていたバーや食べ物屋の跡が多い。

沖縄市...何かすごい...。


引き返して、コザ十字路越え、美里方面走って、うるま市に入る。こっちはフラット。そして無事空盗りしてまた戻る。その途中にジャパンのような、沖縄版のディスカウントショップ発見。汗臭いまま店内に入り、無事に防水機能付の安い時計購入。

ちょっと安心して外に出たら、、、、

大雨でした。(T_T)

ここからは大雨の中また、コザ十字路まで戻る。けど肝心の宿がわからない。住所よく見たら...都ビル3F。3F? 自転車なのに...。

これ? みつけた! 屋外の階段を登る。


ここです。3Fの青い扉が入口。(翌朝に撮影)
DCIM5725.jpg


自転車は3F入り口入ってすぐ横のボイラー室?に置かせてくれた。


多少というか、かなりビビリながら「自称:ボス」の話の宿の説明を聞き、1人部屋に通され、まずは充電。これがまたさらに難しくなっている。miniUSBの充電できる方向が徐々に狭まっているような・・・。継続で充電できそうなことが確認できたら、シャワーです。確か16:30頃。

ここのシャワールームもすごい。ニモがいます。

兎にも角にも、シャワーも済み、リラックス。さっきのディスカウントショップで買ったオリオンビールとツマミでリラックス。今日の走行は 45km ほど。


部屋はこんな感じ。この壁、たぶんベニアっす。(^_^;)
DCIM5724.jpg


窓開けたら、映画館跡となんかよーわからん建物、そしてR330。そして大雨。
なんか、ブルース・ブラザーズのELWOODの常宿の部屋の感じに思えてきた。シカゴ地下鉄は前にないけど、感じはそっくり...。っと、思うことにした。

この部屋で夕飯食べる気がしないので、大雨やけど、外に出る。

途中、こんな素敵な食堂(丸長食堂)があったけど、入りづらかったのでやめた。後で調べたら、ほんまここで食べといたらよかったと後悔する。
DCIM5719.jpg


その近所のキレイな食堂。モーニングとランチの次は花札Open?
DCIM5720.jpg


いやーもう4日目となると、もう既に普通?のいつも食べてるものに近いものが欲しくなってくる。空盗り道草で下調べした、沖縄で「丸亀製麺」に。いやーやっぱり美味しいものは美味しいよ。

そのあと、沖縄のスーパーといえば...の、「かねひで」でアルコール類を買い込み、部屋飲みで、トイレに出た時に、ダイニングで日本シリーズやっていたので、ちょっと一緒に見させてもらい、部屋で翌日の天気チェックしたら、明日は今日以上に雨ということがわかり萎え萎えになり、スマホの充電もまた出来ていなくて、さらに萎え萎えになり、汗臭いジャージをシャワーの時に洗うのも忘れて萎え萎え萎え萎えになり、明日はコザからアップダウンきつく加えて寂しい東海岸から本当最北端の辺戸岬を越えて、国頭まで行くロングコースを、大雨と大風と思うと、さらに萎え萎え萎え萎え萎え萎え萎え萎えになり、不安ばかりが頭をよぎって、そのまま寝てしまった。

そして、夜中、目が覚めた。

私の真横に人が寝ている感覚...。

このベニアの壁の隣に人が寝ている。そしてその人のイビキがめっちゃ聞こえる。隣で寝ているようなリアルな音。いや、隣で寝ているんだ。

窓を開けたら、まだまだ大雨。

どうしようもない重い想いで、その後なかなか寝付けなかった...。



こんなんで今回の旅の一番大変な「明日」の走行、大丈夫やろうか???








テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hillclimb082.blog49.fc2.com/tb.php/849-48fa3ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hillclimb082

Author:hillclimb082

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おやぢの部屋 (121)
ヤマケイの部屋 (361)
サイト―の部屋 (37)
MAXの部屋 (105)
鉄瓶の部屋 (16)
通勤バカの部屋 (56)
たむの部屋 (45)
居候の部屋 (53)
千葉支店 (20)
マッチャンの部屋 (5)
未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。