2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんばる風・雨 走行記

早いもので、​もう12月も半ばに差し掛かってきました...


もう1ヶ月以上前の走行になりますが、沖縄本島ヤンバルコースの走行記、思い出しながら書いてみます。
私の自転車ツーリングの中でも1,2位を争う、不安いっぱいで厳しい走行になりました。次回走る機会があるなら、良い天気の下で、バンバンの追い風で走ってみたいです。


11/1
コザのゲストハウス...あんまり寝付けなかった。夜明け、窓開けたらまだ小雨・・・。風も強そう・・・。天気予報見たら一日雨・・・萎える。
ボスにお礼を言うと、今日は一日雨なんできーつけてと優しい言葉頂く。
8:00 頃に出発。この時、雨はやんでいた。まずは隣の公園で注油です。そして、不安い
っぱいな中出発。


今日の予定コース...。見れば見るほど不安満載。
Okinawa_map.jpg


目的地の国頭まで行けるのだろうか?
今日は人家が少ないと言われている東海岸走るけど、何かあった時大丈夫やろか?
天気・風、大丈夫やろか?
アップダウンきついっていう話やけど、​どんなレベルなんやろか?

荷物も出来るだけ少なくしたけど、それでもリュックはパンパン。まっちゃん大先生ならリュックでツーリングなんて、邪道だ!と怒られると思いますが、私はリュック派です。そろそろ沖縄5日目にして腰も痛くなってきました。ほんまに大丈夫やろか...。不安ばかり。

コザからR329、もういきなりアップダウンです。車も多い。
左に倉敷ダムという看板多い。この倉敷ダムもダムカード発行ダムやけど、今日はダムカードは二の次。まずは目的地まで無事にたどり着くことが最優先なので、少し残念やけどスルー。

うるま市の石川あたりでやっと海に近くなった感じがする。アップダウンもマシになる。ただし金武湾からの向かい風がきつくなってくる。せっかくの海を望む道だけど、低く垂れこめた雲、今にも泣きそうな空、そしてその海からの強烈な向かい風で気分は萎え萎え・・・(´・ω・`)

金武の街に向けて、まぁまぁきつい登りが始まります。登り切った所が...

キャンプ・ハンセン。
DCIM5731.jpg

その前の街並みはこんな感じ...。
DCIM5727.jpg

DCIM5728.jpg

そして一本通り入ると、さらにこんな感じ。
DCIM5730.jpg

DCIM5732.jpg


タコス発祥の店とかもあったけど、朝やったので、どの店も開店してなかった。

酔っ払った外人集団がふらふら歩いていて、その横の公園では子供達が無邪気に遊んでいた。なんかとっても不思議な光景です。横浜に住んでいる頃、横須賀のドブ板通りも同じような雰囲気ありましたが、こっちのその雰囲気はもう異様です。

今日は気温も低く、アップダウンもすでに結構あったのもあり、もうこの辺りでお腹が減ってきた。金武町役場近くのコンビニで早速朝飯その2。

この金武町からはなかなかなアップダウンが連続することになる。次は宜野座に向けての長い登り。そしてまた下り。

その後も細かなアップダウンを繰り返し、突然に超豪華な建物見えてくる。てっきり米軍の建物かと思ったら、近くにきてわかった...
沖縄高専でした。ものすごく立派。けど、こんな所にあるのね。かなり交通の便は悪いと思う。全員寮かな? 遊ぶ所もないよ。


けど、その横は、今話題の「辺野古」でした。この辺野古にはすでにキャンプ・シュワブがあり、国道はこのキャンプ・シュワブのど真ん中を通っている。またここまでもかなり登ったと記憶してます。海は見えてなかった。後で調べたら、黒木メイサの実家は、この辺野古にあるよう。

キャンプ・シュワブから離れて下ったら、左折でR329と離れ、R331に。本日初めてのトンネル、それも2連チャン。旧道はなんかすごいアップダウンしてるよ、この辺り。ツーリングマップルでも急勾配って書いてあるし...。

そして大浦集落に。ここからツールド沖縄のコースになる。このまま山側に入って名護方面に羽地ダム登ったらゴールは間近。けど今日の私は、コース逆行でいまからヤンバルのアップダウンです。。。

そして、とうとう、この大浦湾あたりで、雨が降ってくる。それもかなり勢いよく振り出す。加えて風も先ほど以上にきつくなる。萎える。ちょうど食堂があったので萎えついでに早い昼飯とする。

こんな所。
DCIM5736.jpg

昨晩も丸亀製麺で食べたように、体はもう普通の食事を欲していた。メニューはこんな感じで沖縄っぽいメニューが多い中、、、、
DCIM5734.jpg


選んだのは、カツカレー大! いやーめっちゃ力ついた!ほんま大変やけど頑張ろう!
DCIM5735.jpg


出発して小雨の中、振り返る。
どんよりしてますが、それでも海キレイです。
DCIM5740.jpg


しばらく海沿いやけど、またがーーーーーーーーーっと登り始める。
そしてまた下る。しばらくして、これまたさっき以上に森の中を、がーーーーーーーーーーーっと登る。

ヘロヘロになって、下ったら、東村。けどまたすぐに登り始める。きたなーーーほんまのアップダウン攻撃!
また、がーーーーーーーーーっと登って、がーーーーーーーーーっと下る。

下ったら、慶佐次湾のヒルギ林。ヒルギって、イワユル、ミッツ・マングローブですわ。いやいや、ミッツはない、普通のマングローブです。結構大規模です。
DCIM5744.jpg


一部はこんな感じ。
DCIM5742.jpg

前には共同売店が。
DCIM5748.jpg

そこではパイナップルがドーンと売られてます。
DCIM5747.jpg


ここでコカ・コーラ500mlをグイッと行く。アップダウン攻撃でサースティになって来てます。

ここからまた、がーーーーーーーーーっと登って、がーーーーーーーーーっと下る。急なんですわ。もっと緩やかに道つけて欲しい...。
まぁ幸いなことにこの辺り、雨・風がちょっとマシだった。

下ると、平良に。ここが運命の分かれ道なんです。
DCIM5750.jpg

このまま左折でR331行けば、名護経由で国頭までは近いです。直線の県道70号、これがヤンバルな道で本当のアップダウンはここから始めるという厳しい道。人家もさらに少なくなってくる...。そんな誘惑に負けそうになりながらも、県道70号方面に行く! すぐに『日本一のパイン』とバーンと書かれた、パイナップル屋敷みたいなのがあってちょっと癒やされる。

そうそう、こんな看板が至る所にありました...。
DCIM5751.jpg


緊張の県道70号。最初はフラット。けどこの辺りからまた雨と風がきつくなる。うわぁ~~このタイミングで!?
そしてヤンバルの森の中の登りが始まる。きっつー。もう足がかなりきてますわ。鞍部を過ぎ、下りが始まると、福地ダムの端っこに。
ここって、上流側から直接海に水を流せる、珍しい機構になっているようです。ここに説明が。
最初、大泊橋よりこのダムを見た時、ほんまにどうなっているか意味がわからんかった。


そんなことより、この大泊橋の上、暴風・大雨で止まったら飛ばされそうでめっちゃ怖かった。顔にバチバチデカイ雨粒があたって痛かった。そんなんで、止まって写真も撮れなかった。

この橋過ぎると、また登りが始まる。この登り、国頭村の境に向かう登りみたい。急勾配ではないけど、長い長い登り。通る車も皆無の中に加え、向かい風で雨の中を、落ち着け落ち着けと言い聞かせて登る。スピードも落ちるので、この辺り、ちゃんと到着できるか不安だらけ。

登りの途中に、新川ダム→400mという標識が。これまでもダム標識はたくさんあったけど、だいたい2km以上だったので、スルーしていたけど、400mならちょっと寄ってみようかと思い右折。束の間の下りを楽しみ...、

新川ダムに。雨とアラリン。
DCIM5752.jpg


がーーーーーーーーーーーん...ということです。福地ダムなんて場所的に通りすぎてます...。
DCIM5754.jpg


失意のまま再出発。この辺りからもう下りかなと思ったら大間違いで、まだまだ登ります。

そして、やっと・・・、

国頭村との境に。雨とガスがひどかったです。
DCIM5756.jpg


ともあれ、ここからは下り・・・のはずが、向かい風がキツすぎです。スピード上がりません...

下って、安波の集落に。ここでファンタ・グレープ小休止。地図を見て、まだまだヤンバルの森は続くわかり萎え萎えとなる。まだまだ登りもあるみたいだし...。

ここからまた、がーーーーーーーーーっと登り。もう一番軽いギアでしか登れないぐらい疲労困憊。ここの登りも長かったなぁ。向かい風も容赦ないし...。

そして、ツールド沖縄では勝負所になる、普久川ダム登りの登り切った所の70号と2号の交差点に。
DCIM5757.jpg


ここもガスやったなぁ。不安いっぱいですわ。

普久川ダム・・ふんがわダムです...には行きたかったので2号線側を下りダムに。

ガスの中のダム。こんな感じ。
DCIM5761.jpg

DCIM5760.jpg

そして・・・

がーーーーーーーーーーーん。またかいな...。だから安波ダムはもう場所的に通り過ぎたって。
DCIM5758.jpg


気を取り直して出発。次は奥集落を目指して!
この分岐から北側は、この標識がガンガン多くなる。
DCIM5763.jpg


傷ついたヤンバルクイナ見たら連絡しろとか、ヤンバルクイナの死亡件数とか、すごい力の入れよう。

そんな中、がーーーーーーーーーっと下ったけど、またがーーーーーーーーーっと登った。

哀しみ本線日本海~ みたいな海岸。波キツイ。風もキツイ。
DCIM5764.jpg


たしか、ここから登ったヤンバルの森の中で、くちばしの赤い、すばしっこく走る、鳥みたいな、いや、どっちか言うとボールみたいな、ポケモンみたいな、紛れも無いヤンバルクイナが2匹、僕の前を走り抜けて行きました。一瞬のことでびっくりしたけど、感動した。想像以上のすばしっこさにビックリした。

そして、やっと、奥集落に。

ここは国道58号線の沖縄本島の起点です。隣に説明書きありましたが、海上国道58号は鹿児島県から奄美大島を通り、この沖縄本島に通じている。
DCIM5769.jpg


そして、共同店の発祥の奥共同店に。与那国でも波照間でも石垣(北部)でも、この共同店がメインだった。
DCIM5771.jpg


R58号に入って、辺戸岬までもうちょいと思ったら大間違い! ここからまた登りスタートです。けど向きが南西になるので、やっと、ほんまにやっと追い風になり登りとはいえ、楽に感じる。そして、追い風になったことで「宿までちゃんと到着できるか」という不安はだいぶん払拭された。

そして、17:00過ぎに、やっと

辺戸岬に到着!

日本祖国復帰闘争碑がドーンと建っている。
DCIM5772.jpg

DCIM5774.jpg

風がめっちゃ強い。

辺戸岬の標識はこれぐらい。雨中走行で、タイヤ含め、自転車ドロドロですな。
DCIM5775.jpg


辺戸岬には、私とこの人だけだった。
DCIM5776.jpg


この風と雨の中、よーここまできたなーみたいなこと言っていた。このおっちゃんも早々に退散してた。私は国盗りの対岸盗りで与論ゲットを目論んでいたが、全然うまくいかず。そのうち、またスマホの調子がわるくなって、シャットダウン...。

さらに悪いことに、ここまで小雨だったのが、急に、ほんまに急に大雨に。あかん!退散!退散! 17:30頃。

ここからは大雨走行。ただすごい追い風で、顔に雨はバチバチあたるが、35-40km/hぐらいでガンガン走れる。また西海岸はアップダウンも皆無で、きれいなトンネルで整備されている。不安が払拭された喜びで、やっと開放感を感じて走ることができた。

ただ、夕闇が迫ってきている。雨ということもあり、想定よりも早い。ライト☆オンで走行。

途中、路面も側壁も真っ白なトンネルがあった。なんか幻想的だった。夢の中を走っているよう...いや、死後の世界を走ってる? 怖い怖い...。

国頭村役場あたりでは完全に暗くなってしまった。雨はさらにひどくなって来ている。

けどもうすぐ。しかし宿泊の場所がいまいちよーわからん。スマホは爆睡中で起こせないし・・・で、通り過ぎたかなぁと思った頃に、宿はこっちという看板を見つける。

右折後、すぐに、目的のかりゆしホテルがあった!
DCIM5787.jpg


やっと、やっと、本当の開放感。
ほんまに着いた。
距離158kmほどだったが、距離には表れない雨・風・登り連続での疲労感。いやーヤバかった。これは足とか肺とかより、精神的に超きつかった...。


まだまだその後があるんです。
もう、ビショビショに状態で、今日のキレイなホテル(とは言っても3500円/1泊)のキレイなロビーに入れない。支配人の方がすぐに出てきてくれて、タオルを借り、チェックインの記帳はあとでいいのでということで、何もお願いしていないのに、ドロドロの自転車もマット敷いてロビーに置かせて頂けた。マットの上でビショビショの靴下の脱ぎ、サンダルも借りて、大浴場が今、夫婦で貸し切り?ということで、まずは部屋に。

あーなんていうことでしょう~。普通って素晴らしい。この部屋みてほんまに泣きそうになった。
DCIM5779.jpg


部屋入る手前の所でとにかく拭き拭きして、リュックにつめてあるパジャマ兼普段着に着替え、スマホの充電に格闘し、ランドリーに向かう。その廊下にはこんなのがいっぱい。ここの隣には立派な野球場と陸上競技場があるようで、どうもここは合宿宿みたいです。支配人に教えてもらったのは、日本ハムファイターズがこの隣の野球場で秋季キャンプやってるとのことで、この宿にもその追っかけっぽい女性が何名かいた。
DCIM5788.jpg

DCIM5789.jpg

いやいや、そんなことより、お風呂でしょ!
大浴場~やっほーーーー!

と足つけたら・・・

冷たかった・・・(*_*)

シャワーだけでなく、久しぶりのお風呂と思ったら、これかいな...。結局シャワーだけになりました。まぁ欲を言ってはいけません。シャワーだけでも十分です。

外、さっき以上に大雨。
コンビニまで徒歩10-15分。
傘を借りて歩き出す。
途中に魅惑的な中華が。
なんのためらいもなく入店。

ここが、

当たりでした! やまかわ軒
DCIM5786.jpg

まずは、オリオン生で一人乾杯!
DCIM5780.jpg

椎茸ラーメン、これがまた温まるのなんの。味もめっちゃイケてた!
DCIM5784.jpg

ごはんと餃子も。
DCIM5782.jpg

ここはほんまにおすすめです。
ごちそうさまでした。

そこからまた大雨の中ちょっと歩いて、
沖縄本島最北端のファミリーマートに。


さしみとかもめっちゃ充実してます。
沖縄のおにぎりもいっぱいありました。
泡盛とオリオンビール買い込んで

そして、また大雨の中、ビショビショになりながら宿に戻る。

かなり難しくなったスマホの充電に格闘し、やっと継続充電可能ポイント探し当て、

クロコーチ見ながら、やっとやっと心底落ち着くことが出来ました...。
DCIM5790.jpg



あー自分史に残るすごい日だった。走りきれてよかった。
残すはラスト一日。悔いのないように走りきりたい。


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hillclimb082.blog49.fc2.com/tb.php/856-c5c5c904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hillclimb082

Author:hillclimb082

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おやぢの部屋 (121)
ヤマケイの部屋 (361)
サイト―の部屋 (37)
MAXの部屋 (105)
鉄瓶の部屋 (16)
通勤バカの部屋 (56)
たむの部屋 (45)
居候の部屋 (53)
千葉支店 (20)
マッチャンの部屋 (5)
未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。