2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルクライム大台ケ原

またまたもう1ヶ月も前のことになりましたが、ヒルクライム大台ケ原 走ってきましたので、そのレポートを書こうと思います。


「第13回 ヒルクライム大台ケ原 since 2001」

最後まで出場悩んでいた。このレースの激坂をクリアできるかどうか...。
申し込み最終日(確か8/18)のギリギリでポチッと申し込み。


9/13
前日受付。15:00頃に受付会場に到着。にめっちゃいい天気。そして暑い。
ちょっと試走に。大台のレースは久しぶり。コースを思い出すようにじっくり登る。調子はまぁまぁいい感じ。下りは寒かった・・・(´・ω・`) 温泉入って、夕飯食べて車中泊。夜は寒かった。そして星空がめっちゃきれかった。サイトーさんに昔見方を教えてもらった人工衛星も発見! そして流れ星も何個か見えた。けどけど、根本的に...なんか寂しかった...。かなり早い目に寝たと思う。
確か21:30頃(^_^;)


暗闇の 4:00 起床。・・・そこからの時間が思い出せない・・・。朝飯食べて、いろいろとして、国道を実走アップして、荷物〆切は何時だったかな? ん、確か荷物預けて、また受付会場までアップも兼ねて戻って、空いているトイレでリラックスできて、そしてまたスタート地点まで行ったら、すごい人いっぱいで、マウンテンの部がチャンピオンの部の次なので、その地点までVIGORE号を持っていくこと自体が大変で、なんかキツキツツメツメ状態の中、7:02(だったかな?)にスタート!
そうそう、今回はマウンテンの部・赤いVIGORE号で出場です。


序盤の、集落を抜ける緩斜面は、相変わらず周りはすごいスピード。こっちも遅れまいとするけど、第一集団に全然追いつけない。そのうちにパラパラと選手が落ちてきて、けど、私の後ろにはマウンテンの部の選手が2人ほどずっとつけていて、んー利用されてるなぁと思いながら、第一集団の最後のケツぐらいで、最初のゲキサカ区間に突入。ここで想定以上、意識的にスピードを落としたら、予想通り、後ろの2人は私を抜いていく。抜かれる時、もうダメダメ、あかん!という顔をしておいた。抜いた選手はふふふっと思ったに違いない。けど顔なんか見る余裕ないか? 5m ほど間あいてから、徐々にスピードアップ。激坂区間タイム計測地点までには、今度はこの上ない涼しい顔でこのお二人を抜きました。自転車のりは嘘つきなのです。。。。。

勾配がきつく狭い区間に入っていく。早々に 34x27 に入れてじっくり登っていく。調子はいい感じ。気候も暑くなく寒くなくちょうどいい感じ。

奈良南部の山々の景色が広がり、そして勾配が一層きつくなる箇所に入ってくる。キツイけどまだ大丈夫そうだ。後ろのロードのクラスの早い人が抜いていくが激坂辺りではスピードを合わせて登っていける。けど、やっぱりキツイ、激坂の次にさらなるキツイ激坂をストレートでもってくる。これが心理的にめっちゃキツい。さすが三浦キョンシーさん設計の林道。

やっとちょっと下る箇所があってアウターに入れて、登り返しでフロントがインナーに戻らない・・・。そのままギッコンバッコン登りで大台ケ原への広い道に合流。ここでの応援・声援はすごい!
激坂測定区間終了。


勾配は少しマシになっているけど、さっきのギッコンバッコン登りで力の無駄使いしてしまったので、ちょっと足にきはじめた。軽いギアでクルクルを心がける。ちょっとマシになってきたので、再度気合入れて踏み始める。けど大台ケ原はここからがまだ長いのです。


グイッと下る所では、さすがロードにはかなわず、後ろの集団にガンガン抜かれる。登り返しで少し抜き返し、緩斜面になってまた抜かれるみたいなことを繰り返していたような。


残り500mぐらいでもがいて、何人か抜いてゴール!
やっぱりキツイわ、このコース・・・・・。


にゅうめんを何杯も食べ、暖かい大台ケ原駐車場でマッタリして、お約束の陀羅尼助を買って、休憩2回ある恐怖の下りもリム熱々だったけどなんとかノーパンクで乗り切って、下まで無事に帰ってきました。


結果はMTB 46-55歳の部が2位、激坂区間賞(奈良県知事賞)がMTB全体で3位でした。
タイムが1時間25分11秒で、帰ってからわかりましたが、2009年に出したベストを更新してました。この歳で更新できて、それが本当にうれしい。まだまだやれるのかな?


日本一降水量が多い大台ケ原において、今回は2日間も天候・天気も良くて、本当によかった。2日間こんないい天気だったのは since 2001 で初めてではないかと主催者の方もシメの挨拶でおしゃってました。ありがとうございました。



写真集


DCIM3594.jpg
前日の集合場所。おひさまピカーンです。



DCIM3604.jpg
赤のVIGORE号に赤とんぼ。この集合場所は赤とんぼいっぱいでした。
まだ暑かったけど季節は確実に進んでいること実感しました。



DCIM3605.jpg
試走の時にこの激坂区間スタート確認。
前回出た時は、この設定はなかった。



DCIM3607.jpg
奈良県は~  山また山の~  山々やー



DCIM3612.jpg
スタート地点にはこんな碑が! スゲー! ヒルクライム大台ケ原。

けど、この上北山村ですが、wikipedia によると、

『上北山村(かみきたやまむら)は奈良県南東部に位置する村。
奈良県で二番目に面積が広い村である。人口密度では奈良県内では最低、
全国では福島県檜枝岐村、北海道幌加内町に次いで3番目に低い自治体である』
で、人口が598名。人口密度2.6人。
ヒルクライム大台ケ原の参加人数が700名ぐらい。
そりゃー、ヒルクライム大台ケ原は、村の一大イベントにもなりますよね。




DCIM3620.jpg
当日。ゴール後に。



DCIM3623.jpg
ゴール後の集合場所のにゅうめん配給地点はもう選手いっぱい。



DCIM3625.jpg
下山休憩中。アミノバイタルまたは水の配給(係の人が回ってくれる)もあります。感謝です。
水をもらってリムを冷やす。



DCIM3633.jpg
表彰式の様子。これはチャンピオンの部だったかな。



第13回フォトギャラリー追加¥IMG_1579
中年マウンテン部表彰。(大会本部の写真より)



DCIM3640.jpg
下の川はめっちゃきれいです。



DCIM3644.jpg
結果はこんな感じ。I原さんはまた抜けませんでしたが、タイム的には満足です。



DCIM3629.jpg
道の駅でこんなステッカー売ってた。恐怖の夏の走行を思い出し、
思わず買ってしまいました...(^_^;)
国道425号線・・・
キングオブ酷道・日本三大酷道のひとつ、死にGO!線




DCIM3651.jpg
帰りには我慢していたここに...!サイコー!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hillclimb082.blog49.fc2.com/tb.php/904-20f5109e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hillclimb082

Author:hillclimb082

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おやぢの部屋 (121)
ヤマケイの部屋 (361)
サイト―の部屋 (37)
MAXの部屋 (105)
鉄瓶の部屋 (16)
通勤バカの部屋 (56)
たむの部屋 (45)
居候の部屋 (53)
千葉支店 (20)
マッチャンの部屋 (5)
未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。