2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超プチお遍路 第21番札所太龍寺

前回、鶴林寺からの続き

さて太龍寺ですが、難所らしいです。
現在のお遍路ではロープーウェイの使用が推奨されています。
って言うか後で調べたら歩き遍路に限らず、
車遍路の人もロープーウェイを使いましょうってなってますw
まぁ、この時はそんな事は知らずに鶴林寺を阿南方面に下ってから
那賀川沿いを左に折れて北上。
因みに右へ行くと太龍寺ロープーウェイへ行けます。

これ、那賀川を太龍寺駐車場方面へ向かう時に渡る橋。
写真+2015-02-07+14+23+46_convert_20150317150130

ネーミングセンスがすごい。「十八女」と書いて「Sakari」と読む。
写真+2015-02-07+14+23+54_convert_20150317150316
完全に男のロマンw
いや、ほぼ願望ですw

那賀川沿いからこまい道に入ってしばらく行くと、おそらくここが太龍寺スタート地点。
写真+2015-02-07+14+40+08_convert_20150317153223
駐車場からは1.2km程歩いてお寺まで行って下さいとの情報なので、
ここから駐車場までのヒルクライムスタート。

再序盤はアウターでがんがん廻せます。
写真+2015-02-07+14+40+10_convert_20150317153646

ただ、本格的な登りが始まると・・・
写真+2015-02-07+16+25+08_convert_20150317153949
道は狭く幅はほぼ車一台分、路面状況は鶴林寺前半よりもさらに悪い・・・

ただ、やはり車遍路の方々はロープーウェイ利用なのか交通量はほぼ皆無です。
写真+2015-02-07+16+20+59_convert_20150317154207
勾配は十三峠以上、砂も浮いているので後輪のグリップに気を使いながら登ります。

途中、登り専用道と下り専用道に分岐しています。
写真+2015-02-07+16+19+30_convert_20150317154451
だいたいここで駐車場までの工程の3分の2くらい。

まだまだ激坂は続きます。
写真+2015-02-07+16+19+38_convert_20150317154701

駐車場到着。いやぁしんどかった。
写真+2015-02-07+16+13+13_convert_20150317155205
よく調べずに来たけどこれは鶴林寺と変わらないくらいの激坂ですわぁ。

さぁ、ここから歩いて太龍寺かなぁ、っと。
ん??なんか看板が・・・?
写真+2015-02-07+16+13+13_05
「四輪自動車通行禁止」
「オートバイは仁王門裏に駐輪場があります」
はいぃ!?
いや、行くのはいいけどイキナリ激坂がコンニチハしてるんですけどぉ!!

悩みながら息を整える事、3分。
最初の激坂を越えれば門までフラットであると自分に言い聞かせながら、再スタートw

そう、ここからが本当の地獄のスタート。
大阪で言うと交野山レベルを越えてます。暗峠まで行くのかなぁ?近いかなぁ?
とりあえず道幅は駐車場までよりもさらに狭い・・・
写真+2015-02-07+16+08+24_convert_20150317155738

全区域ハンドルに体重を掛けながら登らないと車体が浮いてしまいます・・・
そして定期的に来る激坂。
因みに今回のコースで恐らく最大勾配の場所。
写真+2015-02-07+16+05+31_convert_20150317160242

カーブから曲がってこの坂が見えた時はクラッときたw
写真+2015-02-07+16+06+47_convert_20150317155956
精神的に鍛えられます。ココはw

写真+2015-02-07+16+04+35_convert_20150317160510

門横に再び現れる激坂を最後の力を振り絞って
写真+2015-02-07+16+03+34_convert_20150317162220

門へ到着。
写真+2015-02-07+16+02+59_convert_20150317162400

門の奥の駐輪場へ向かうと再び看板が。
写真+2015-02-07+16+02+12_convert_20150317162614

写真+2015-02-07+16+02+25_convert_20150317162836
「オートバイ駐輪場」
「自転車は上まで上がれます」
ジテンシャウエマデアガレマス
ウエマデアガレマス
いや、上がれなくても良かったですよ・・・

もうね、先に見えているのは明らかに激坂ですし、
ここまでされると笑うしかなかったですわ。
写真+2015-02-07+16+02+04_convert_20150317163058

お寺の手前であると信じて道幅いっぱいに使いながらの激坂登り。
こんなに蛇行したの久しぶりw
写真+2015-02-07+16+00+29_convert_20150317163337

そしてやはりお寺の手前は安定の激坂w
写真+2015-02-07+15+59+29_convert_20150317163534

ついに太龍寺に到着。
写真+2015-02-07+15+58+59_convert_20150317163958

後日調べても、太龍寺の自転車関連記事は
だいたいがロープーウェイを使って自転車を持って上がってのダウンヒルものばかり・・・
あまり太龍寺のお寺そのものまで自転車であがれることが知られてない?
ここはホンマきつかったですよ。
鶴林寺の50%増しくらい(当社比)
後、道も悪かったのでタイヤも一気にすり減りました。
写真+2015-02-07+15+57+00_convert_20150317164137
コレ、下りでさらにすり減らしますよ~w

総括:
駐車場までの前半は路面状況が悪い上に、砂・石が多数でグリップに注意。
勾配もきつめで道幅も狭いので対向車や追い抜きの車が来れば下馬は必至。
ただし、まず出会わないw
駐車場からは完全に我慢の世界。
道幅狭い、路面良くない、勾配はさらにきつい。
常に前輪に体重を掛けてないと車体が浮くので注意。
弱冠勾配が緩んだとしても必ずその後で激坂コンニチハなので、
無理せず一定のリズムで。
何度も激坂を見させた上に、駐車場、門と終わりに見せかけるようなトラップも豊富。
ここで練習すればフォームが崩れるのと引き換えに、
決して折れない鉄の心を手に入れられますw
bakaは遠慮するけどw


因みにコースデータはどうしましょう?
天下のグーグルマップさんに道のデータが途中までしかありませんw

ただ、太龍寺の龍の天井画は素晴らしかった。
写真+2015-02-07+15+55+13_convert_20150317164821

一見の価値ありです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hillclimb082.blog49.fc2.com/tb.php/911-9d1144bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hillclimb082

Author:hillclimb082

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おやぢの部屋 (121)
ヤマケイの部屋 (361)
サイト―の部屋 (37)
MAXの部屋 (105)
鉄瓶の部屋 (16)
通勤バカの部屋 (56)
たむの部屋 (45)
居候の部屋 (53)
千葉支店 (20)
マッチャンの部屋 (5)
未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。